トップページ > 調査研究 > ディープラーニング(深層学習)を中心とする 第 3世代型人工知能の限界を探る調査研究

ディープラーニング(深層学習)を中心とする 第 3世代型人工知能の限界を探る調査研究

調査実施経過
本調査研究は、人工知能分野に興味を持つ 1 7 名という大人数で一部研修を兼ねて実施した。提案書は平成 29 年 12 月 11 日から平成 30 年 2 月 26 日まで 5 回にわたる全体会議で検討した。
実質的調査分析は 3 月 12 日から分担して開始し、途中 2 回の進捗状況の報告会を持ち、 4 月 23 日にまとめの議論を経て分担部分の執筆に入った。

調査の目的
人工知能の第 3 次ブームを支える深層学習手法による取組みを整理し、成果を生み出す原理について追究することにより、深層学習手法の限界を明確にする。

調査の概要
人智を凌駕するかにみえる人工知能の多様な活躍事例を取り上げ、その成果を知識論の原理にさかのぼって整理し、第3世代型人工知能の得意分野と不得意な領域とを見分け、第 3 次ブームを先導する深層学習手法の可能性についてまとめた。

ディープラーニング(深層学習)を中心とする 第 3世代型人工知能の限界を探る調査研究(報告書全文)

2020年06月30日 更新
^ このページの最上部へ戻る