トップページ > 政策・施策

政策・施策

2000年05月11日
アジア主要国の宇宙開発戦略及び国際協力に関する動向調査 Study on Space Development Strategy and International Cooperation in Asian Region
2000年05月11日
国家重要インフラストラクチャー防護に関する研究 Study on Critical Infrastructure Protection
2000年05月11日
「未来技術年表」の作成 The Chronological Tables on Future of Technologies
2000年05月11日
新エネルギー利用技術に関する調査研究 A Research on Utilization Technology of New Energy
1999年05月11日
アジアにおける地球環境計測技術の共同研究の推進 Promotion of a joint research on Radar and Lidar Remote Sensing Technology in Asia
1999年05月11日
「教育」と「環境」両問題の統合解決についての調査 Investigation about a solution of unification of “the education” and the “environment” both problem
1999年05月11日
重要インフラ対策委員会の活動 Major activities of Commission on Critical Infrastructure Protection
1999年05月11日
高齢者・障害者のQOL向上に関する研究 A Study on QOL of the Aged
1999年05月11日
都市型ケアマネジメントネットワークに関する調査 A Study on Care Management Network
1999年05月11日
我が国の宇宙開発活動に関する人文社会科学的観点からの課題に関する基礎調査 Preliminary research on Japan’s space activities from the point of view of humanity and social science.
1999年05月11日
アジア地域の宇宙開発に影響を及ぼす政治的経済的諸要因に関する調査分析 Analytical study on political and economic factors in space development in Asian region
1999年05月11日
有人火星探査ミッションの検討 Study on mission of human Mars exploration.
1999年05月11日
2005年日本国際博覧会における高度情報通信社会の実証検討 Rediscovering Nature’s Wisdom
1999年05月11日
米国と欧州における情報通信関連の公募型研究の実態に関する調査研究 Study on the grant policy of R&D in U.S. and EU
1999年05月11日
マルチメディア時代における県民生活の向上や産業振興に資する高度情報通信技術に関する調査 Survey on Multimedia Technologies for OKINAWA
1999年05月11日
次世代研究探索プログラム(基礎医学・薬学・農学編) Research on Advanced Research in the Field basic medical science, pharmacy, a g r i c u l t u r e
1999年05月11日
次世代研究探索プログラム(工学編) R e s e a r c h o n A d v a n c e d R e s e a r c h F i e l d i n E n g i n e e r i n g
1999年05月11日
熊本県におけるライフサイエンス振興に関する調査 Promotion Plan of Life Science in Kumamoto Prefecture
1999年05月11日
日本産業システムの変化から見た民間研究開発のあり方 A method with the enterprise research and development seen from the change in the Japanese industry system
1999年05月11日
科学技術庁第7回技術予測調査 Future Technology in Japan Toward The Year 2030
^ このページの最上部へ戻る